7兆4千億円の国民の血税が東電の後始末に

3月18日 東電に9回目の資金援助 5,831億2,800万円が
国民の税金から投入されました
これで総額7兆4千695億円もの国民の税金が
福島原発事故による損害賠償に使われました



2011年10月28日 8,909億800万円
2011年12月27日 1兆5,803億2,200万円(+6,894億1,400万円)
2012年03月29日 2兆4,262億7,100万円(+8,459億4,900万円)
2012年12月27日 3兆1,230億7,900万円(+6,968億800万円)
2013年05月31日 3兆7,893億3,400万円(+6,662億5,500万円)
2013年12月27日 4兆7,888億4,400万円(+9,995億1,000万円)
2014年07月23日 5兆3,014億3,900万円(+5,125億9,500万円)
2015年03月26日 5兆9,362億8,733万円(+6,348億4,833万円)
2015年06月29日 6兆8,864億5,833万円(+9,501億7,100万円)
2016年03月18日[今回]7兆4,695億8,633万円 (+5,831億2,800万円)


http://www.tepco.co.jp/cc/press/2016/1270248_7738.html

金銭以外にも健康被害に支障を、きたしている県民がいます
これらのことを知ってて原発稼働に賛成し
稼働させている国民の気がしれません

[PR]
by htanakakumiko | 2016-03-18 15:39


タイトル通りです


by ともやん

プロフィールを見る
画像一覧